« フィギアスケート 追記! | メイン | 投書に思うこと »

すごいぞ!ネーミング

私が以前から、とても感心している会社があります。                                            その名は「小林製薬」。                                                                       何の変哲もないシンプルな会社名と呼応するように、この会社の商品群のネーミングときたら、本当に惚れ惚れする程です。コマーシャルでも、なるほどねぇ・・・・と心から感心する商品名ばかり。               派手で、あたかも何かのプロモーションビデオかと思うようなコマーシャルが多い中、この会社のものはズバリ!「わかりやすい」!の一言です。よーくコマーシャルに着目してみると、
                                                                      1. BGMは基本的に無い。
2. ナレーションの歯切れがよく、いつも同じ人がしゃべっている。
3. 商品をどのように使うかを15秒の中で全て出し切っている。
4. どんな世代にも理解できる説明。
                                                                           そして何と言っても最大の特徴は、
5.全てを言い表す、そのネーミング!
  などの素晴らしさがズバリ出ているのです。

膨大な商品の中から例を挙げてみれば                                                「熱さまシート」                                                                     これはもう、誰でも1回は使用したことがあるのではないでしょうか?しかも「熱さまし」と「シート」をくっつけてしまうあたりの素敵なセンス!                                                           未だに友人同士で「ありがとんかつ!」などと言い合う私にとっては、まさにストライクゾーンのゾクゾクするほどのセンスです。
また、初めてこの文字だけを見たとしても、熱を冷ますものなのね、と誰もが想像しやすいのです。これが例えば「クールダウンシート」などと言おうものなら、何だかわかりませんし、耳に残りません。

更にお気に入りは                                                                  「なめらかかと」                                                                 言わずもがな、「なめらか」と「かかと」をくっつけたもの。使い方を見なくても、山の向こうから叫ばれても、使用目的が明確です。                                                         「ガスピタン」に至ってはどうでしょう!お腹のガスをピタっと止めるものだ、と自然に笑いがこぼれるような感じです。かと思えば、トイレの「消臭元」など、ズバッと漢字で殴りこみのような潔さ。
その他、書き切れないくらいの、消費者の心を捉えて離さないネーミングの商品がズラリ。

ありとあらゆる商品が溢れている中で、この小林製薬の商品たちは昔からのロングセラーも多く、必ず一度はどの家庭にあるような浸透度のような気がします。
コマーシャルやネーミングだけを見ると、つい「ネーミングの担当者はもしやおふざけになっているのでは?」等と思ってもしまいますが、実はそうではなく、しっかりとした研究と、商品に対する絶対の自信があるように思うのです。だからこそ余計な装飾は不要であって、丁寧に商品を紹介できるのでしょうね。
かくいう私の家にもたくさんの「小林ネーミング」が。改めて見てみると「これもそうだったんだ」というものがたくさんあります。それだけ、私の中にも浸透しているのです。
そう、まさに小林製薬商品はネーミングでもって心をわしづかみにしたかと思うと「是非使ってみたい」と思わせる、わかりやすい使用方法の公表と、真面目で真摯な研究の結果が三位一体となり、私達消費者の頭の中に・・そして家庭の中にじわじわ、と効いてくる不思議な効能を持った商品なのではないでしょうか。
是非今後も、このわかりやすい商品群の開発と「素晴らしい!」と笑顔になるネーミングをお願いしたい、と思います。
ところで私のお気に入りは、「かんたん洗浄丸」と「アイボン」です。                                    使用用途は、コマーシャルで見てくださいね。

[2006-02-25 11:50]

コメント

コメントしてください




保存しますか?