« 朝食たべよ | メイン | 生命 »

食について

一緒にコラムを書いている相方が朝食について書いていたので、
私も乗ってしまおうと思う…すみません。

最近知り合ったYさんの印象は、当初良いというよりはむしろ逆で、
“きっと親しくは慣れないだろうな…”そんな印象だった。
声のトーンは低く、極端に言葉数も少ない。
いつも伏し目がちに話す。
私の周りには今まであまりいなかったタイプの人。

ある時、家族の話題になった際、“娘と2人です。夫は…いません!離婚です”
今までに無い位、なぜか不自然な位、明るくはっきりと言った。
その後、昼食の時間に2人きりになった事があり、彼女のお弁当を見た私は
とても驚いた!
彩良く飾られ、栄養のバランスを考えたお弁当。
どれも手がかけられ、冷凍食品など一切使っていない。
これもまた彼女のイメージとはなぜかとてもかけ離れたものだった。

後日、その理由は判明した。
ご主人とは離婚ではなく、死別だったのだ。
亡くなってからちょうど2年になるという。
忙しい仕事明けの朝、首都圏に住む両親に会う為1人出掛けたご主人は
高速道路で居眠りしガードレールに激突した。
朝いつものように“行ってらっしゃい”と送り出した彼女は、
突然のご主人の死が受け入れられなかった。
それでも、子供は育てていかなくちゃいけない。
生きていかなかればならない。
夫の死の現実を受け入れられないまま、毎日泣きながら生きてきた…そう彼女は言った。
夫の両親は、大学を卒業して帰って来るはずだった長男がそのままこの場所に
残ったのは、彼女と大学で出会ったせいだと彼女を責め、ご主人の残したもの全てを
持ち去ってしまった。
何としても最後まで渡せなかった唯一のもの。
それはご主人が無くなる数ケ月に建ててくれたマイホームだったという。
“賃貸のアパートに住んでも良かった…でも、夫が私達に残してくれた
最後のものだから…この家だけは渡せなかった。”
彼女は言った。
以降、ご主人の両親とは1度も会っていないという。
孫の誕生日にも、小学校の入学式にも…1度も連絡が無いそうだ。
続けて彼女は言う。
“母子の決して楽では無い生活の中、満足に欲しいものも買ってやれなかったけど
私は食べるものだけは愛情のこもったものを…と手を抜かないで来たんです。”
“夏休み、毎日お母さんの作ったお弁当が食べたいから、頑張って児童クラブに行く!”
という彼女のお子さんの言葉から、Yさんの子供に対する愛情の深さが感じられ、
Yさんの言葉には出来ない愛情が、ちゃんと娘のMちゃんにも伝わっているのだと
心から思う。
今までの苦労が、回りに彼女を暗い印象に見せたのだった。

さて、我が家。
私も“バランスのとれた食事”が最大のテーマである。
私の母の受け売りだが、時に私は子供達に唱和させる。
“我が家の食のテーマは!”
“バランスのとれた食事!”と子供達。
夫の“食べてみなければわからない!何でも挑戦!”という口ぐせもあり、
大抵の物は食べられる。
お陰で、現代の子供達が苦手とする、例えばひじきの煮物や
切干大根、野菜サラダや最近はゴーヤに至るまで…
給食も残さず食べるらしい。
そうそう相方よ、小さい頃から食卓に上がっていたものは、
その時食べなくともいずれ食べるようになるそうだ。
心配いらないぞ、貴女の愛情はちゃんと息子に伝わっている。

[2008-07-26 10:49]

コメント

Farming for wow powerleveling (wow gold) isn't easy, but you can buy cheap wow gold, wow power leveling on sale. We have revolutionized the exchange of money to wow gold with fast delivery. Buy Maple Story Mesos here, we sell cheap world of warcraft gold. Buy wow gold now. MapleStory Mesos online and world of warcraft gold power up your character to the next level. Welcome to our website about wow power leveling, delivery in 24 hours, 7/24 service.Maple Story Meso 60-70, Cheap world of warcraft powerleveling 1-70. The Professional wow power level!

投稿者 wow powerleveling : 2008年10月18日 03:30