« 鬼に笑われる | メイン | 連続●●事件 »

歯ならびに悩む

何●年生きてきて、こと歯につては悩んだ事がない。
父に似たのか正確に比例するのか?(まさか!)
このうえなく丈夫だし、前歯2本は多少大きく、
バランスもそう悪くないと思う。
正確には自分の“歯”については…。
夫の“歯”の弱さに治療費がかかり苦労するくらいなものだ。
しかし、ここにきて悩んでいる。
娘の歯並びに!
自分では悩まなかったので、これまで順調にきたつもりが、
今悩んでいる!
序章は今から半年位前。
娘の下の真ん中の歯が2本生え、隣にもう1本生えてきた頃。
真ん中の永久歯と乳歯の間に生えてきた新しい歯は、
見事に後ろへ引っ込んで生えてきた。
慌ててかかりつけの歯科医院へ駈け込む。
先生の言葉は無情だった。
“あ~○○ちゃん(←娘の名前)の歯はしょうがありませんね。
あごの骨格が細いので新しい歯の行き場所がないんです。
歯並びは悪くなるでしょう”
とあっさり…。
息子の歯が斜めに生えて来た時は
“大丈夫、あごの成長と共に歯も寄って来ますから”
と笑い飛ばしてくれたのに。
歯科医の妻の友人も
“これから歯並びには苦労するよ”とバッサリ。
どうも娘のあごはあまり成長しない骨の形らしい。
身長はようやく最近伸びて来てはいるが、体重はいまだに20キロ
へは届かず、1年前の写真を見ると体重が増えない分
あごはさらに細くなっている。
歯並びの為に横にも大きくなれ!というのは変だし、
横に太ったとて骨が急激に成長する訳もない。
矯正は確実である。
ならば早いほうが!と思ったが、
娘の場合、あごの小さいのが災いして今は矯正器具が
つけられないという。
男の子ならばまだしも、女の子の歯並びは重要だ。
以来、“ぐらぐらになってきた歯がある”と娘が
言うたびに、夏休みの朝顔の観察ごとく
“歯の観察”を怠れない。
この1ケ月で前歯上の歯が続けて2本抜けた。
1本目が抜けた時は、その間抜けな顔に3日は笑ったが
2本目はなかなか抜けず、これで(抜けない乳歯の)後ろに
斜めにでも生えてきたらどうしよう…と肝を冷やした。
息子とぶつかってあっけなく抜けてほっと胸をなで下ろしたのだが…。
大事な事に気づいた。
今年、七五三ではないか!?
いくら頑張って可愛い着物を着せたとて、
この歯で“にこっ”と笑われた日には……。
七五三を前に頭を抱える私である。

DSC07352.JPG

[2008-10-10 17:04]

コメント