« 日本の四季 | メイン | いざ☆ディズニーリゾート!~ホテルミラコスタ編~ »

予算は300円!

外出にも心地よいこの季節。
学校行事もめいいっぱい!
気づけば週末もほとんど行事で
埋まっている。

さて、秋といえば必ずあるのが“秋の遠足”。
子供にとって、この日を迎える前の大イベントが持参する“お菓子の購入”。
少なくとも私にとっては大イベントだ。
公然と小学校(行事)にお菓子を持って行くのを許される日!
春と秋の遠足は心躍りなぜかドキドキする…そんな行事だった。
遠足のしおりに書かれているお菓子の予算はいつも300円。
この300円を右手に握りしめ、左手には買い物かごを握りしめ、緊張しながらスーパーのお菓子売り場をザッと眺める。
優先順位を付けて、一番好きなお菓子からかごに入れていく。
秋といえど暑くなる可能性もあるから、極力チョコレートは除く。
あまり大きい物もリュックがいっぱいになってしまうから持って行けない。
甘いものにそうでない物。
バランスよく考えて、友達に分けてあげるお菓子も忘れない。
気がつくととっくに300円を超えていたりして、頭を悩ませながらどれを置くかまた考える。
この繰り返しで、見事300円におさまった時の充実感?達成感?
遠足の楽しみの半分はお菓子選びだったような気がする。

予算は300円!

そして現代。
我が子供達の遠足に持参するお菓子と言えば…
しおりにはいつもこう書かれている。
“お菓子…食べれる分だけ”なんと味気ない事か!!
自分が食べれると思った分だけ持っていけばよい…という事なのだ。
親になった私をまたもやこのお菓子が悩ませる。
娘のお菓子選びのせいだ。
遠足の前日、私が子供の頃そうだったようにお菓子を求めてスーパーに子供達を連れていく。
違うのは握りしめたかごの大きさ位なもの。
今はどのスーパーにも子供用の小さなかごが準備されている。
娘もその小さなかごにお菓子を選んでくる訳なのだが…。
毎度あまりに少ないのだ!
そう、今回選んだお菓子は写真のとおり。
全部で150円位?
なんと寂しい事か!!
娘いわく「食べる時間が無いからたくさん要らないの」。
そりゃそうかも知れないけど…あまりに少なすぎ。
「お友達に分けてあげる分は?」
「大丈夫、ハイレモンがあるから」
「………。」
欲が無いのかなんなのか?
結局、娘が寝てから無理やりお菓子を追加してリュックに入れる私。
遠足から帰って来た娘は必ずこう訴える。
「ママ、どうしてお菓子たくさん入れたの?たくさん入れても食べれないんだよ。」
親のエゴで入れる訳だが、娘は望んでいないし娘の方がよっぽどしっかりしているのだ。

書き忘れたが、息子といえば…。
これまた毎度懲りもせず山のようにお菓子を買い求める。
楽しそうにかごを覗き込んではこれもこれ…と。で、結局山のように持ち帰る。
「やっぱり食べる時間無かった~」と。

[2008-11-13 19:00]

コメント